火ノ丸相撲

小学生の頃「鬼丸」と呼ばれ圧倒的な強さを誇った潮火ノ丸。
しかし体格の問題で中学生時代では良い成績を残すことは出来なかった。
その火の丸が弱小大太刀高校相撲部に入部し、再建していく物語。

週刊少年ジャンプの作品としては初めて大相撲で懸賞幕が土俵を回った。

タイトル 火ノ丸相撲
よみ ひのまるずもう
作者 川田
掲載誌 週刊少年ジャンプ
出版社 集英社
連載期間 2014年26号〜

火ノ丸相撲のキャラクター達の名言

潮火ノ丸の名言

下さい! ワシにーーー 柴木山部屋の本気の稽古!

辻桐仁の計らいで柴木山部屋で稽古が出来るようになった火ノ丸。 しかしながら、火ノ丸の体格を見てか柴木山部屋では 相撲好き少年を歓迎するような和やかなムードが流れる。 そのムードを実力を魅せることで一転させた後の一言。